株式会社Gaudiy

ファンと共に時代を進める、Web3スタートアップGaudiy(ガウディ)の公式note…

株式会社Gaudiy

ファンと共に時代を進める、Web3スタートアップGaudiy(ガウディ)の公式noteです。人々が好きや夢中で生きていける「ファン国家」の実現をめざします。Gaudiyではたらく人々や、日々の学びを発信します。

リンク

マガジン

  • Gaudiy Member

    Gaudiyメンバーの入社エントリやインタビュー記事をまとめたマガジンです。

  • Gaudiy Product Management

    Gaudiyのプロダクトマネジメントに関する記事をまとめたマガジンです。仕事内容がわかります。

  • Gaudiy Designers

    GaudiyのDesignerチームの記事をまとめたマガジンです。仕事内容がわかります。

  • Gaudiy's Culture

    Gaudiyのカルチャーが伝わる記事を幅広くまとめたマガジンです。

  • Gaudiy HR&PR

    GaudiyのHR/PRチームの記事をまとめたマガジンです。仕事内容がわかります。

最近の記事

  • 固定された記事

「三振か、ホームランか」クリエイターの創造性をひきだすGaudiyブランドリニューアルの裏側

創業から5年。組織規模と社会への影響力が大きくなってもなお、創業当初のシャープさと歪さを兼ね備えた姿勢を貫き続けることを社会に示すため、コーポレートブランドの一新を行った株式会社Gaudiy。 制作期間1年超えの本プロジェクトは、PARK、kern、TWOTONE、AC部、P.I.C.S.、くろやなぎてっぺい、カヤックアキバスタジオ、BALCOLONY. といった各領域のプロフェッショナルが集結し、Gaudiyと共創することで実現しました。 ブランドリニューアルから早1ヶ

  • 「連続起業とバイアウトして経済的に一周した私が”最後”にやりたいと思ったことはGaudiyにありました」

    はじめにビジネス一通りやり切って攻略法を知ってしまったと天狗になって、適当に曲書いたり本読んだりアニメ見たりして悠々自適に暮らそうとしていた 2022年春 そんな僕がGaudiyや代表の石川と出会い、改めていつもそばに居て心を動かしてくれていた日本のエンタメにソリューションを提供したい、社会と関わりを持ちたいと思った一連を踏まえたエントリーノートになってます。 こんな人に読んでほしいです「本当に好き」で世界と社会にインパクトを与えたい WE3.0やブロックチェーン、NF

  • 銀行でGaudiy担当だった僕が、"3度目の正直"でGaudiy社員になった話

    昨年10月にGaudiyにジョインした元銀行員のスギモトです。 今はGaudiy Financial LabsというWeb3×金融の組織で、未開拓分野の探求や新規事業の戦略立案に携わっています。 銀行からWeb3スタートアップへの転身は少し珍しい職歴かもしれませんが、今転職を考えてる人や、自分のキャリアに悩む若手の背中を押すnoteになれば嬉しいです。 銀行員を経験して見えた景色私は、スタートアップ企業を専門に担当するチームに所属していました。幸いにも起業家やVCの方々と

  • 多国籍チームのコミュニケーション学

    みなさんは外国籍のメンバーで構成されたチームで仕事をされたことはありますか? 私は今年に入ってから外国籍のメンバーが所属するチームに配属になったのですが、英語力不足でコミュニケーションが十分に取れているか不安に思う場面が多々あります 例えば、このような状況です👇 結果、口数が少なくなってしまい、周囲からの目線が気になったり、期待に応えようと頑張り過ぎて空回りしてしまうこともあります。このままだと仕事に支障が出てしまうので、この数ヶ月はミスコミュニケーションを未然に防ぐた

  • 固定された記事

「三振か、ホームランか」クリエイターの創造性をひきだすGaudiyブランドリニューアルの裏側

マガジン

  • Gaudiy Member
    63本
  • Gaudiy Product Management
    6本
  • Gaudiy Designers
    22本
  • Gaudiy's Culture
    11本
  • Gaudiy HR&PR
    22本
  • Gaudiy CEO's Thought
    13本

記事

  • まだまだ「道半ば」な、コムデキャリアの棚卸し

    Gaudiyという会社でコミュニケーションデザイナーをしているTanasho(@tnxtnxtnx)です。 これは何わたし個人のこれまでのキャリアを棚卸ししながら 自分がこれまでやってきたコミュニケーションデザイン(=コムデ)という仕事にはどんな要素があるのか、現状何はできているのか まだできていない、今後伸ばしていきたい部分は何か を整理したものです。 # 自己紹介とキャリアの変遷まずは軽く自己紹介とキャリアの変遷を。 美大卒業後のキャリアスタートは、広告制作会

    まだまだ「道半ば」な、コムデキャリアの棚卸し

  • コーポレートITとして様々な業界を経験した私がGaudiyを選んだ理由

    はじめまして!2023年10月からGaudiyのコーポレートITチームに新しく加わった白鳥です。まずは、簡単に自己紹介をさせてください。 私のキャリアの始まりは、ビジネス向けのネットワークやインフラ設計を手掛けるエンジニアです。その後、内部システムエンジニアに転向し、情報システムや情報セキュリティの責任者を務めてきました。Gaudiyに入るまでのキャリアを通じて、製造業、通信業、位置情報サービス、そしてフードデリバリーといったIT関連の様々な業界での経験を積んできました。

    コーポレートITとして様々な業界を経験した私がGaudiyを選んだ理由

  • 初めて好きなことを仕事にしてみた。(30代OL/1児の母/好きなことは推し活)

    自己紹介初めまして!2023年9月にGaudiyに入社した、今村と申します。Corporateチームで総務を中心としたバックオフィス全般(経理、労務、法務のフォロー)業務を行っています。 好きなことは読書(基本1冊はバッグに入れて持ち歩く)、推し活(ファンクラブ3つ掛け持ち)です🥰 現在東京に住んでいますが、元々愛知出身で地元愛が強く、まさか自分が東京で働くなんて(しかも好きなことを仕事にするなんて)想像もしていなかったですが、なんやかんやで日々大変なこともありながら楽しく

    初めて好きなことを仕事にしてみた。(30代OL/1児の母/好きなことは推し活)

  • 元アイドルファンコミュニティ管理人、ファンプラットフォーム開発するため転職す

    こんにちは!Gaudiy でフロントエンドエンジニアとして働いている kotori (@maminami_minami)です🐔 2023年9月に入社し、現在は Enabling Team に所属しつつフロントエンドをいい感じにするため日々奮闘しております。 人よりちょっぴりオタクな私が、ファンプラットフォームを提供する Gaudiy に入社して感じたことなどを綴ってみたエントリーがこちらです🔥 ちょっぴりオタクな私について自他共に認めるオタクな私ですが、ざっくり👇 アニ

    元アイドルファンコミュニティ管理人、ファンプラットフォーム開発するため転職す

    なぜGaudiyはカジュアル面談プラットフォーム「Pitta」を活用するのか?

    Gaudiyは、2024年2月に、カジュアル面談プラットフォーム「Pitta(ピッタ)」のチームプランβを導入しました。 Gaudiyではこれまで、旧サービスのMeetyを含めると、累計308件のマッチング・9名の入社決定(2023年末時点)というご縁をいただいています。 今回のnoteでは、改めてなぜ私たちがPittaを活用するのか、その理由と想いについてご紹介します。 Gaudiyのカルチャーと採用活動の指針Gaudiyには「NEW STANDARD」「FANDOM

    なぜGaudiyはカジュアル面談プラットフォーム「Pitta」を活用するのか?

  • ブロックチェーンへの探究をきっかけに、エンジニアになった

    Gaudiyでエンジニアとして働くsteveです。中国からリモートで働いています。 ブログを書くのは初めてではありませんが、日本語で書き、知り合いに読まれるのは初めてです。(前のブログはテック関連で、ほぼ気持ちをぶつけるためのものでした🫣) 久しぶりに書くブログは入社エントリーなので、自分の経歴やブロックチェーンに踏み出すきっかけ、憧れとかを皆さんに知ってもらいたいです。 自己紹介新卒でネットワークエンジニアとして、中国での日本支社に入りました。日本との縁はこちらからですね

    ブロックチェーンへの探究をきっかけに、エンジニアになった

  • 出会いを資産にする「ファンベース採用」という概念

    こんにちは、GaudiyでHR/PRを担当してる山本(@hanahanayaman)です。 Gaudiyという得体の知れないスタートアップに飛び込んでから、今月で丸3年が経ちました。入社当時10名ちょっとだった組織は、まもなくフルタイムで100名を迎える規模にまで拡大しています。 その仲間集めをメインミッションに、コーポレートPRや組織整備も含めて様々な役割を担ってきましたが、私自身はHRもPRもほぼ未経験。中途採用に至っては全くの初心者です。そこには採用担当になって初め

    出会いを資産にする「ファンベース採用」という概念

  • より理想のファン経済圏づくりをめざしてGaudiyに入社した

    こんにちは! 昨年からGaudiyというWeb3スタートアップで働いている沖本怜です。 また、Gaudiyはフルリモートワークが可能なため、滋賀にUターンして働いています。今回は、Gaudiyでどんなカオスに挑戦しているのか、お伝えできれば嬉しいです! 自己紹介滋賀県の田舎で少年期を過ごし、特に遊ぶ場所もなかったので、田んぼ道を自転車で爆走して、友人宅で漫画やゲームを楽しむ生活を送っていました。 特に漫画は僕の青春であり、高校までなんとなく漫画に携わる仕事を夢見ていました

    より理想のファン経済圏づくりをめざしてGaudiyに入社した

  • 迎え入れる側のオンボーディング"させる"責任について

    GaudiyデザイナーのTORAJIRO(@jirosh1998)です🐅 新年1発目のnoteで去年の自分に対して伝えておきたい文章を書こうと思います。 採用活動だけ頑張って、 入社決まったら無責任になってない?去年の自分にとっては、少し耳が痛い問いです。 僕自身、1人目デザイナーとして創業期に入社した事もあり、これまでの6年間常に採用との距離感は近く、それなりに理解しているつもりでいました。 昨年からデザイン組織を率いる立場になり、組織作りが明確に自分のミッションの一

    迎え入れる側のオンボーディング"させる"責任について

  • 技術も思想も一生飽きなさそうな会社、Gaudiy に入社しました。

    昨年の6月に Gaudiy に入社して、はや7ヶ月ほど経ちました。 Gaudiy に転職してきた理由は「ずっと退屈しなさそうだから」、もっと具体的に言うと「人文系の面でも技術的な面でも自分が好きなトピックを学び続けることが仕事での成果にも結びつく状態になれそう」と感じたからでした。 まだ半年しか働いていないといえばそうなのですが、この期待値は間違っていなかった、自分が好きな領域を学ぶことが仕事に繋がる大変嬉しい会社だと感じております。 この記事は入社エントリということで

    技術も思想も一生飽きなさそうな会社、Gaudiy に入社しました。

  • Web2.0の仮託文化に育てられた少年は、web3時代のファンエコノミーに夢を見る

    2023年7月からGaudiyでコミュニケーションデザイナーをしているTanasho(@tnxtnxtnx)です。 ブランド/コーポレートの発信物やファンコミュニティ内のクリエイティブの制作、同職能チームの基盤構築や採用などをやっています。 同年10月のリブランディングでは、インハウス制作物のディレクションを担当しました。 これは何いわゆる入社エントリーです。 キャリアや転職活動の詳細ではなく、「こんな部分に響いてGaudiyに入社したやつもいるんだな」のいちサンプルとし

    Web2.0の仮託文化に育てられた少年は、web3時代のファンエコノミーに夢を見る

  • SI企業からWeb3スタートアップのエンジニアに転職してみた

    はじめにみなさんこんにちは! Web3スタートアップのGaudiyでSoftware Engineerをしていますryio1010と申します。 2023年の5月からお試し入社をしており、9月ごろから正式入社することとなりました。そこから3ヶ月ほど経ったので、入社エントリを残しておこうかなと思いこのnoteを書いています。 どなたかの参考になりましたら嬉しいです! これまでのキャリアと転職のきっかけこれまで 現在社会人4年目になりますが、Gaudiyに入社する前は新卒でSI

    SI企業からWeb3スタートアップのエンジニアに転職してみた